2010年04月27日

雑記帳 保存食「鮨鮒」 140年ぶりに復活 長野(毎日新聞)

 長野県の諏訪湖漁業協同組合(藤森貫治組合長)は、諏訪湖産のフナを発酵させた保存食「鮨鮒(すしぶな)」を約140年ぶりに復活させ、22日から販売予約の受け付けを始めた。価格は3500円〜。

 江戸時代は珍味として幕府にも献上された鮨鮒。明治に入って伝統が途絶えていたため、08年から復活を試みていた。

 フナの名物は琵琶湖の「ふなずし」が全国区。諏訪湖漁協は滋賀県の関係者から教えも請うたが、「気候が全く違う。独自の製法復活に苦労した」と胸を張る。名前も江戸時代そのままで、決して逆さにしたわけではないそうだ。問い合わせは同漁協(0266・52・4055)。【武田博仁】

【関連ニュース】
山崎直子宇宙飛行士:和服で手巻きずし 宇宙から日本文化
雑記帳:“究極”のすし折り登場 18店の定番詰め合わせ
米国:禁止の鯨肉提供、米すし店を訴追 連邦検事局
奈良の名物・柿の葉ずし せんとくん「滋賀産米を使ってるんだよ」 滋賀知事を訪問
飛騨牛しぐれ寿司〜高山線・高山駅(岐阜県)

<福知山線脱線>JR西日本歴代3社長の起訴状要旨(毎日新聞)
<掘り出しニュース>東京・調布に「鬼太郎公園」誕生 看板は水木さん筆(毎日新聞)
仕分け第2弾スタート=独法の無駄精査(時事通信)
沖縄通過の中国艦艇 沖ノ鳥島を1周 日本へ示威 反応探る(産経新聞)
京都・母子殺害、2人の上半身に多数刺し傷(読売新聞)
posted by スザキ ユキ at 17:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

チューリップ祭に戻れる?市長オランダで足止め(読売新聞)

 アイスランドの火山噴火による空の便の乱れで、オランダのリッセ市を訪問している富山県砺波市の上田信雅市長が当初予定していた19日に帰国できなくなった。

 22日には同市が年間で最も力を入れるイベントの一つ、「となみチューリップフェア」を控えているが、それまでに戻って来ることができるかどうか不透明で、開幕の市長あいさつができない事態も想定される。

 オランダのリッセ市は砺波市と姉妹都市協定を結んでいる。締結20年を迎える2012年を控え、砺波市オランダ友好交流協会(米原蕃会長)の34人が現地を訪れるのに合わせ、市長も訪問した。15日に出国し、リッセ市長との会談や、アムステルダム市視察などを行った。

 19日午前8時頃に関西国際空港に到着する予定だったが、オランダ・スキポール空港が閉鎖されていることから、18日午前に搭乗予定だった便の欠航が決定。これを受けて19日朝に砺波市役所で行った会議で、20、21の両日の市長の公務をキャンセルすることを決めた。ほかの空港に陸路で移動して帰国する案も浮上したが、多大な経費がかかることなどから、空港の閉鎖解除を待つことになった。

 市長不在となるものの、携帯電話で指示を仰ぐため、職務代理者は設置しない。砺波市事務専決規則により、市長決裁は副市長が代決、後で市長の認定を受ける手続きとなる。

 アムステルダム市内のホテルに滞在している上田市長は「団員は全員元気で、今のところ健康状態に問題はない。関係者には心配をかけているが、自然相手のことであり、ご容赦願いたいと思っている。今は、一日も早く空港閉鎖が解除となり、帰国できることを願っている」とコメントした。

 ◆ブラジルの代表団は富山市来訪中止◆

 富山市は19日、姉妹都市のブラジル・モジダスクルーゼス市が同日予定していた代表団の来訪が中止になったと発表した。アイスランドの火山噴火の影響で、中継地のパリで足止めとなったため。

 モジダスクルーゼス市はブラジル・サンパウロ州にあり、人口約37万人。同市長ら19人は15日にブラジルを出発。パリ経由で18日に成田空港に到着し、羽田から富山に入る予定だった。代表団は富山市から岐阜県関市、名古屋市、浜松市、東京、千葉県柏市を回って27日にブラジルに戻る日程で、日本への便が確保でき次第、来日して残りの日程をこなす意向という。

首相、普天間で職を賭す「理解を求める」ことが決着?(産経新聞)
殺人 短期マンションで腹刺され男性死亡 外国人か…三重(毎日新聞)
ネット選挙 解禁範囲の議論始める 与野党協議機関(産経新聞)
通天閣ロボ 「一日署長」で犯罪防止に活躍 大阪・浪速署(毎日新聞)
高速料金 制度再検討 値上げ幅の抑制が焦点に(毎日新聞)
posted by スザキ ユキ at 09:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月23日

東京都練馬区の弁当店に強盗 60万円奪われる 警視庁行方追う(産経新聞)

 19日午前6時50分ごろ、東京都練馬区高松の弁当販売店「ほっともっと光が丘店」に男が押し入り、開店準備をしていたパートの女性(60)に刃物を突きつけ、「金を出せ、金庫を開けろ」と脅迫。女性をトイレに押し入れ、事務所内の金庫から現金約60万円を奪い逃走した。警視庁光が丘署は強盗事件として、男の行方を追っている。

 同署によると、店内にいたのは女性1人でけがはなかった。男は30歳くらいで、身長約170センチ。黒っぽい帽子と白色のマスクをつけていた。

【関連記事】
中国で持ち帰り弁当を展開 プレナスが計画
彼女を救出!実は「やらせ強盗」 大学生2人を逮捕
「金欲しい」愛知大生、早朝にゲーセン強盗
元バイト先にの居酒屋に強盗、70万円奪う 中国人2人を逮捕
「顧客奪われ、白タクの売り上げ減った…」同業者を監禁し刃物で刺し金奪う
外国人地方参政権問題に一石

小中学校 市町村に教員人事権 文科省、移譲認める(産経新聞)
日航再建で16日に視察=衆院国交委、情報開示も要望(時事通信)
関係者ら3人不明=倉庫遺体遺棄−長野県警(時事通信)
交通部長に北川氏 県警人事、新任警視正は4人
自治法改正案の誤りが判明し、参院総務委が散会(産経新聞)
posted by スザキ ユキ at 05:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。