2010年06月16日

医療、防災分野などの協力も=インフラ技術の海外展開で―政府の支援策案判明(時事通信)

 政府が今月中に策定する新成長戦略の柱の一つである、原子力発電や高速鉄道建設など日本企業の持つインフラ技術の海外展開について、政府の支援策案が15日、明らかになった。医療や防災など、インフラ整備そのものとは別の分野の協力を組み合わせ、相手国との交渉を有利に進める体制を構築することなどを盛り込んでいる。
 需要が高まるアジアを中心に、日本が高い技術力を持つインフラ整備を官民一体で売り込むためのもので、仙谷由人前国家戦略相や関係省庁の担当者が検討していた。近く公表する。 

【関連ニュース】
【動画】ナトリウム漏れから14年半 「もんじゅ」運転再開へ
【動画】もんじゅ、5月上旬にも再開=「前向きに」と福井県知事
【特集】もんじゅ運転再開〜信頼は取り戻せるのか〜
〔写真特集〕高速増殖炉「もんじゅ」
原子力利用など議論=APEC会合で

「創生『日本』」 たちあがれ、創新と連携方針 保守勢力再結集訴えへ(産経新聞)
<菅首相会見>その7「奇兵隊内閣とでも言いたい」(毎日新聞)
<口蹄疫>菅首相、初動対応徹底を指示 政府対策本部会合(毎日新聞)
普天間移設 「沖縄の理解なくても選定」岡田外相(毎日新聞)
<高速無料化>実験28日開始 宮崎2区間を年内追加(毎日新聞)
posted by スザキ ユキ at 17:54| Comment(24) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。